老化現象の起こりにくい肌|老化とともにできる目の下のたるみ改善で若さを取り戻す

老化とともにできる目の下のたるみ改善で若さを取り戻す

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

老化現象の起こりにくい肌

女性

成長因子の注入

加齢により肌では、シミやシワといった様々な老化現象が起こるようになります。そしてこのいずれも、美容外科では解消することが可能です。具体的にはシミはレーザーで焼くことで、シワはヒアルロン酸注射で埋めることで、目立ちにくくなるのです。しかし肌再生治療を受ければ、加齢によるこれらの肌トラブルが一度に解消されます。肌再生治療とは、血液中にある成長因子を取り出し、若返り効果を与えたい場所に注入するという治療です。成長因子は年をとると少なくなり、それにより肌では老化現象が起こりやすくなります。ところがそれを取り出して、肌の一部分に注入すれば、そこは成長因子が非常に多い状態になります。これにより肌は若返りますし、その後は老化現象が起こりにくくなるのです。この効率の良さから、肌再生治療の需要は高まっています。

効果は1〜2ヶ月後に

肌再生治療では、動物や他人の血液ではなく、患者自身の血液を使うことになります。そのためまずは採血がおこなわれるのですが、その量は約30〜50mlとなっています。これは全身の血液のうちの1%程度の量なので、取り出すことによって貧血になることはありません。ただし、既に貧血状態になっている人や生理中の人は、事前に医師に相談することが必要です。また成長因子の注入後は、すぐに若返り効果が出てくるわけではありません。というのも、シミやシワのもととなっている古い角質は、垢として肌から除去されていくのですが、それには1〜2ヶ月ほどの期間がかかるからです。これらがしっかりと除去され、成長因子によって作られた新しい角質が表面に出てくることで初めて、若返り効果を実感できるようになるのです。